雪でも頑張る!イタグレちゃんたち!

今日は、長くママポケットのイタグレ服をご愛用いただいている、北海道旭川のお客様紹介です。
T様のおうちの、ウイペットのJくんとイタグレのCくん です。Cくんはボディカラーもお顔の表情もamicaにそっくりです。
優しい表情のイケメン兄弟です!
イタグレやウイペットって寒がりで、雪散歩なんて普通とんでもないじゃないですか?(mateは雪散歩大嫌いでした。笑)
J&Cくんは、そんなこと言ってられませんね。
氷点下の極寒の中のお散歩の様子、嬉しいお便りが届きましたので、私たち、雪の降らないエリアのイタグレも頑張らないと!という意味でもご紹介です!
凄いですね。仲良く雪道散歩する二人がとても愛おしいです。

我が家のイタグレamicaは、雪散歩大好きです。(と言ったら、T様に遊びに来る?と笑われましたがw)
雪は空から降り積る食べ物だと思っていますし、雪玉をキャッチして遊ぶのが大好きです。
寒さにも強いので、雪が降っても散歩を嫌がることはありませんが、こうやって写真を拝見すると、ホントに関東の雪なんてたかが知れています。
J&Cくんは、 飼い主様の愛情で、雪でも励まされ、お散歩に行ける子たちで本当に素晴らしい!!と思います。

ママポは、お客様に、特にパピーを迎えられた方に、メッセージでご相談いただくと
「イタグレは寒がりですよね。服がいっぱいいりますよね。近所にイタグレがいないのでどうしたら良いかわからなくて。」など
イタグレだから、服をいっぱい着せて冬の散歩に行かなくてはならないということでは無いんです。とお答えしています。

旭川の J&Cくん だって、氷点下の雪道散歩でも、ロンパースだけですね。
うちのamicaに至っては、イタグレ服屋なのに、ほぼ、寒の頃の散歩の時くらいしか、四足袖付きズボン付のフリースロンパースは着ません。
なるべく動きやすい服で過ごしてほしいと飼い主が願っているからです。
雪が降る日は、その上に防水生地の綿入りベストを着せるくらいです。
本当に軽装です。軽装だからこそ、寒い日も固まることなく良く歩きます。

寒さより自由度を優先しているママポケットで 四足袖付きズボン付のロンパースを作り出したのは、開店してから2年目のことでした。
お客様のご要望で、オリジナル型紙で作りだしたのです。『イタグレの冬=ロンパース』という決まり事のような感じだったので・・・

飼い主の育て方次第で、どんな環境でもルンルン散歩は可能なのだとも思います。
たくさん重ね着させることが「愛情」ではなく、イタグレがどうすれば快適に過ごせるかを、犬の気持ちになって考えることが大切だな。と思います。
もちろん、寒さ対策は必要です。外だけでなく室内も。だからと言ってたくさんの服を着せることで解決しないこともあると思います。

洋服を嫌がる子に無理やり服を着せることは無いと思いますし。
パピーの頃から洋服を着る練習を少しづつ始めたり、苦手でも少しづつ克服する練習をすることは必要だと思いますが・・・
飼い主を噛むほど抵抗するような状態で、服を着せて散歩に連れ出すのは、イタグレに本当に必要なことなのでしょうか?
運動不足の心配、ストレスがたまるのでは?と思われているのであれば、お散歩以外の方法で室内遊びや脳トレで補うこともできると
今時、たくさんのドッグトレーナーさんが言っていることです。

ママポも、9歳のamicaとの暮らしを、無理せずお互いが快適に過ごしていけるようにこれからも考えていくつもりです。
何か今までと違う状況になったら、一つづつ「amicaにとって1番は何?」と考えながら、飼い主の自己満損にならないよう過ごしていこうと思っています。

北海道のお客様のご紹介が、なんだか、「ママポの主張!」みたいな偉そうな感じになってしまいましたが。反省。m(__)m

お陰様でママポケットのお客様は、北は北海道、南は沖縄まで、日本全国各地にいらっしゃいます。
近くにはいないイタグレも日本全国には何百頭いや千以上いるかもしれません。凄いですね。
(海外からのご注文もあります。日本語が通じて日本円でお取引できる方のみです。)
ありがたいことです。本当に皆様に心から感謝いたします。

全国各地のイタグレちゃん。様々な自然環境、家庭環境で暮らすイタグレちゃん。
皆様にとりまして、新しい年も、元気で陽気で楽しい1年になりますように心からお祈りしております。