苦手を克服!白内障の目薬練習開始!

お天気の良い三が日で皆様もお健やかにお過ごしのことと思います。
ママポも、風邪もひかず、寝正月にならず、のんびりまったり過ごすことができています。感謝感謝!!

実はamicaにとって、新たな課題が年末にできていました。
「目薬を指す」ことが平気になることでした。

年末最後のシャンプーで、ボディチェックをしてもらったamica。
白内障、そろそろ目薬始めますか・・・でした。
もちろん、改善させるためのものではなく、なるべく症状の進行を遅らせるための目薬であることも、説明聞いて理解しました。

今日、近くの犬OKアメリカンレストランでの写真。
はやり、光の具合に寄って、目が白くなっていることがわかります。😢

ドッグカフェにて イタグレの白内障

日常生活でも少しづつ支障は出はじめているようで、急に暗くなる屋内駐車場で車から降りるのが苦手になりました。
お日様見るといつもまぶしそうです。
あ・・・お日様に当たると気持ちよくてウトウト目を閉じてしまうのはずっと前からですが。(笑)

お日様に当たると目を閉じる
鳥を見つけたイタグレamica
でも、何かを見つけると目が開き、耳が立ちます。(笑)

なので、先月、犬の保育園「とのとの」さんに行った時、相談してみたのです。
そして、アドバイスいただき目薬の練習開始しました。

何しろ、amicaはノミダニ対策のスポイトから背中に垂らす水の薬も大の苦手で、飛び跳ねて逃げていきました。
なので、ずっと、飲み薬で対処してきましたが、今となればあのお薬も一つの試練で、練習して大丈夫な子にしてあげればよかったと反省中です。
お風呂のシャワーは大丈夫なのですが、水が体に垂れることが嫌いなようで、目薬も大嫌い。
飼い主の一番の心配は、目薬の費用でも、目薬をさす手間でもなく、amicaが嫌なことを毎日3回しないといけないこと。
amicaにとって嫌なことが増えてしまうことでした。飼い主・・・嫌われるかも・・・と。

でも、練習開始して1週間もすると、逃げたり顔を振ることなくなり
今では、目薬は痛くもかゆくもないと理解し、じぃーーっとアイコンタクトままでいられるようになりました。
なので、凄く目薬もさしやすく、失敗もありません。
9歳にしては、素晴らしいスピード学習です!!
さすがamica!!母ちゃんをちゃんを信頼してくれている証拠。
ありがとう。えらいね。ほんとにすごいね。と
また一つ、毎日、amicaをほめる回数が増え、更に愛おしくなりました。

これで、正式に、白内障の目薬開始できます!!

こんな風に、あきらめずに、少しづつ、褒めながら・・・苦手なことを克服することができるんです。
犬との接し方、言葉のかけ方、褒め方、励まし方、無理せず少しづつです。
きっと、プロのドッグトレーナーさん、「社会化」が得意なドッグトレーナーさんなら、どうすれば洋服嫌い、歯みがき嫌い、目薬嫌いを治せるか。
その子の様子を見て的確にアドバイスしてくれます。

何も知らず、嫌な思いをさせて洋服を着せ続けたり、目薬をさし続けたり、間違った歯みがきを無理やり続けることは、犬にとって絶対によくありません。
良かれと思っても、毎日、必ずやってくる嫌な瞬間や時間。
それを与えるのが飼い主だったら、飼い主と犬との信頼関係は崩れ、どちらにとっても辛いことです。

嫌なことを好きに変える、というより、何ともないよ、平気だよ。に変えてあげられるのも飼い主だけなんですよね。
だから、本当に、正しい社会化を教えてくれるトレーナーさんと出会ってください。
今年こそ、皆さん出会ってください。

9歳のamicaでもあっという間に克服できるんです。
若いイタグレ、パピーちゃんなら更に、これから先の犬生を大きく変えてくれますよ。
イタグレ服屋なのに、イタグレだけでなくたくさんの犬が今よりもっと幸せに楽しく暮らせること祈っています。