• TOP
  • >>自分でつくるイタグレ服
  • >>全犬種対応術後服

簡易術後服の作り方

イタグレに限らず、全犬種に対応すると思います。
エリザベスカラーが苦手なワンちゃんはお試しください。

★古いTシャツから作った例★
犬の術後服背中から見たら

※術後服の下には病院で施術された包帯をまいています。
 術後服だけでは傷口を保護するのには不十分ですので、必ず、絆創膏や包帯の上に着せてあげてください。

 病院によっては、エリザベスカラーを使用することを前提としてテープだけなどの簡単な処置をされている場合がありますので、獣医さんに術後服を着せたい旨ご相談ください。

古着(Tシャツなどのニット地でコットン地が適しています)を利用で結構です。
布を胸回りの1.5倍程度の幅に開いてください。


①中央を輪にして両端から切り込みを入れる
術後服裁断手順1

2cm幅くらいの紐状になるように切り込みを入れます。
本数は体のサイズに合わせてください。


②開いた時の寸法
術後服裁断手順2

最初の1本~2本が首回り
最後の2本が太もも回り
腕の辺りは後でカットします


③紐を体の合わせて結わく
術後服最後に背中で結わく

リメイク手順2

①首回りから順番に背中を結わいていく
②最後の2本で太もも回りを片方づつ結わく
③腕回りの余分な部分はカットしてください


太もも回りを結わくことでお腹の下の方まで覆えますが、 排泄の際に汚れる場合は
その都度ほどくと良いかもしれませんね!

※ママポケットで販売中の術後服は排泄の際に汚れない工夫をしてあります。
ブログなどで紹介していただく場合は、このページか ママポケットをリンクしていただけると嬉しいです。

ママポケットURL:http://mamapocket.net

お問合せにはお答えできない場合があります。m(_ _)m
このページをヒントにして作成し、少しでも術後を快適に過ごしてください。

ママポケットの術後服の紹介

お腹の傷に負担がかからないように背中開きで、ドットボタン止めです。首とウエストをニットリボンで結きます
お腹すっぽり隠れます!
ソケイ部は伸縮包帯です
イタグレ術後服着用例
★★もっと詳しくイタグレ専用術後服の説明を見る
★★ イタグレオスの去勢手術用術後服販売開始しました